持続可能性(サステナビリティ)

正確な基準と精度は、エスクード・ロホ製造のすべての段階で垣間見ることができます。ワインの由来となる格別のテロワール、およびブドウを栽培する人達は、保護され尊重される必要があります。

正確な基準と精度は、エスクード・ロホ製造のすべての段階で垣間見ることができます。
ワインの由来となる格別のテロワール、およびブドウを栽培する人達は、保護され尊重される必要があります。

visuel-raisin@2x

チリのサステナブルワイン

そのため、バロン・フィリップ・ド・ロスチャイルド・チリは、「チリのサステナブルワイン」認証と一致する様に、適切で持続可能なブドウ園の慣行を実施しました。
  • 自然堆肥は肥料として使用されます
  • オーガニック製品は、ワインの残留物を除去する目的で、ブドウ園で見られる主な真菌性疾患(白カビ、ウドンコ病、貴腐)殺菌のために使用されます。
  • 水の使用が最適化され、マイポワイン醸造所のソーラーパネルなどの再生可能エネルギー源を活用するための対策が実施されています。
そのため、バロン・フィリップ・ド・ロスチャイルド・チリは、「チリのサステナブルワイン」認証と一致する様に、適切で持続可能なブドウ園の慣行を実施しました。
  • 自然堆肥は肥料として使用されます
  • オーガニック製品は、ワインの残留物を除去する目的で、ブドウ園で見られる主な真菌性疾患(白カビ、ウドンコ病、貴腐)殺菌のために使用されます。
  • 水の使用が最適化され、マイポワイン醸造所のソーラーパネルなどの再生可能エネルギー源を活用するための対策が実施されています。

ぶどう畑

ぶどう畑スコープ(領域)は、テロワール、施肥、畑廃棄物、それらの管理を包括します。
  • 土壌の固結化を防ぎ生物多様性を維持する目的で、ぶどう樹の畝間に「エコロジカル・コリドー(通路)」を整備しています。
  • 堆肥として使用するコンポストは天然素材です。
  • 主な真菌系病害(べと病、うどんこ病、ボトリティス菌)対策にはオーガニック製品を使用し、ワイン中の残留物質除去に取り組んでいます。
  • 畑の75パーセントに対して点滴灌漑を導入しています。

製造プロセス

プロセス・スコープ(領域)は、醸造工程中に排出される廃棄物、または必要とされる水、エネルギー、光、それらの管理を包括します。
  • 容器およびパッケージングのリサイクル・プランを実践しています。
  • 事務棟およびワイナリーにおける水使用システムの最適化を進めています。再生可能エネルギーの導入拡大を目指した措置をとっています。例えばマイポ地区のボデガでは、太陽光パネルを設置・使用しています。
  • 清掃および殺菌には生分解性の製品を使用しています。
  • 業務の安全性、特に労働関係法令の遵守に関して、サプライヤーに対する査定・評価を行なっています。

企業

企業スコープ(領域)は、企業ポリシー、バロン・フィリップ・ド・ロスチャルド社従業員および関係コミュニティの保護、それらを包括します。
  • 安全・健康衛生課では、従業員の労働災害防止に取り組んでいます。
  • 従業員のキャリア形成を支援し、研修制度の運用を実施しています。
  • バロン・フィリップ・ド・ロスチャイルド社は、事業活動が地球環境に与える影響の把握・評価に日々努めています。