テロワール

エスクード・ロホは、チリのブドウ園の歴史的中心地であるマイポヴァレーで生まれました。

エスクード・ロホは、チリのブドウ園の歴史的中心地であるマイポヴァレーで生まれました。

長さ80キロメートル、幅35キロメートル、12,200ヘクタール近くにまたがり、マイポ川とマポチョ川の2つの川が交差しています。砂利、砂、いくつかの粘土の下層部分にありますがほとんどが泥の土壌です。

マイポ川は気候を和らげ、冬には霜を、春には極度の暑さをもたらします。冬は寒くかなり乾燥していますが、春は乾燥して暖かく非常に明るく、そして昼と夜の温度差が18〜20°Cであるため、高品質のブドウ栽培に適しています。

他の2つの特徴は、低湿度と多くの日光です。どちらも、ブドウを育てるのに理想的な条件であり、ブドウを完璧な熟成に導く理想的な条件です。