ノウハウ

チリで適用される厳格な基準は、フランスでの同社の経験に基づいています。バロン・フィリップ・ド・ロスチャイルドの…

チリで適用される厳格な基準は、フランスでの同社の経験に基づいています。バロン・フィリップ・ド・ロスチャイルドのワインの成功の鍵である土壌選択とブレンドの技術は、チリでも同様に引き継がれています。

ブドウは、エマニュエル・リフォーによって確立された正確なプロトコルに従って、ブロックごとに熟成しながら定期的に監視されます。ワインメーカーは、細心の注意を払って選択されたマイクロ・テロワールに対応する各区画またはブロックの最適な収穫日を決定します。

ブドウは手作業で10または18kgの木枠で収穫され、ワイン醸造所に運ばれます。

発酵前の冷浸は、すべてのブドウの豊かな香りと風味を引き出すのに役立ちます。アルコール発酵は、果実の鮮度を保ち、糖のアルコールへのスムーズな変換を確実にするために、28°Cを超えない制御された温度で行われます。これには8〜10日かかります。その後、発酵後のマセラシオンでは、ワインは28〜30°Cの温度で保管されます。この期間は約3週間続きます。

バロン・フィリップ・デ・ロスチャイルド・チリのワインメーカーは、各樽の抽出レベルを調整するために、醸造プロセス中に各バッチの味をチェックしています。そうすることで、エレガントで統合されたタンニンの構造を求めながら、果物の最も純粋な表現を明らかにするように設計されたカスタマイズされたプログラムを作成することができます。

試飲の結果に応じて、バッチはバットまたは樽で熟成されます(新品または1〜4年前)。